こまつ座

  • こまつ座|トップページ
  • 公演情報
  • オンラインチケット
  • 短信
  • こまつ座ブログ
  • the座とグッズ
  • 井上ひさしとこまつ座
求人情報はこちら
お問い合わせ

〒111-0052
東京都台東区柳橋1-30-5-503
TEL:03-3862-5941

1-30-5-503 Yanagibashi
Taito-Ku Tokyo, 111-0052
JAPAN
TEL:03-3862-5941

Copyright (c) 2013
KOMATSUZA All Rights Reserved.

井上ひさしとこまつ座 |HISASHI INOUE & KOMATSUZA

こまつ座とは・・・私たちは、人を泣かせたり、笑わせたりしている会社です。
それは、何かと言いますと・・・座付作者井上ひさしに関係する作品のみを専門に上演する制作集団です。
舞台を上演し続け、舞台が生みだす感動を、皆さまに届け続けるために、公演内容の企画制作、広報宣伝、チケット販売、
パンフレットの作成と販売、長期の地方公演のための準備と引率など、公演全般にわたる管理業務をおこなっております。

井上ひさし

1983年1月に創立し、84年4月『頭痛肩こり樋口一葉』公演で旗揚げ。以降、新作、再演、こまつ座以前の井上作品も織り交ぜて、年平均4~6作品を上演し続けています。

『日本人のへそ』(2011年/井上ひさし追悼ファイナル
こまつ座第九十三回公演) photo:谷古宇正彦
『父と暮せば』(2011年/こまつ座第九十四回公演)
photo:谷古宇正彦

演出に木村光一、栗山民也、鵜山仁、高瀬久男、鈴木裕美、丹野郁弓、ホリプロとの共催では長塚圭史、蜷川幸雄など
様々な方々をお迎えし、東京では、おもに新宿の紀伊國屋ホール、紀伊國屋サザンシアターで公演しています。

『闇に咲く花』(2012年/井上ひさし生誕77フェスティバル2012第三弾
(こまつ座第九十七回公演) photo:谷古宇正彦
『組曲虐殺』(2009年/こまつ座&ホリプロ公演)
photo:落合高仁

北海道から九州まで、全国組織の演劇鑑賞団体の各ブロックを巡演し、年間のステージ数は200~250。
出演者、スタッフとも作品ごとに依頼をし、その作品だけの一座を組むプロデュースシステムをとっています。

そのため俳優、スタッフの所属はありません。
唯一、辻萬長(つじ・かずなが)については、こまつ座がマネージメント業務の一部おこなっています。

辻萬長
ページトップへ