こまつ座

  • こまつ座|トップページ
  • 公演情報
  • オンラインチケット
  • 短信
  • こまつ座ブログ
  • the座とグッズ
  • 井上ひさしとこまつ座
求人情報はこちら

〒111-0052
東京都台東区柳橋1-30-5-503
TEL:03-3862-5941

1-30-5-503 Yanagibashi
Taito-Ku Tokyo, 111-0052
JAPAN
TEL:03-3862-5941

Copyright (c) 2013
KOMATSUZA All Rights Reserved.

公演情報 |PROGRAM

  • 過去の公演情報はこちら

現在公演中の作品と今後公演予定の作品をご紹介いたします。

紙屋町さくらホテル

2016年5月7日(土)前売開始
楽しいときほど、
その楽しさを無理やり奪われた人たちのことを条件反射みたいに
ふっと思う人間に僕はなりたいし、
そういうのが普通にできるようになったら
絶対に間違わない世の中ができると思う。 ――――― 井上ひさし


昭和20年師走。東京・巣鴨プリズンに「自分はA級戦犯だ」と拘留を求める初老の男がいた。
長谷川清。元台湾総督にして海軍大将、天皇の密使という経歴を持つ男。
応対したのは針生武夫。元陸軍中佐にして、堪能な英語力と戦前の経歴を買われて今やGHQで働いている男。長谷川の願いを退け、追い返そうとする。
二人は7ヶ月前、終戦直前の広島でともに過ごした特別な三日間を思い返すのだった。
その年の5月の広島。
紙屋町さくらホテルでは明後日に迫った特別公演のため、移動演劇隊「さくら隊」の二人の俳優、「新劇の団十郎」こと丸山定夫と宝塚少女歌劇団出身のスター園井恵子が、にわか仕立ての隊員を相手に必死の特訓の真っ最中。
この時代、演劇...とくに「新劇」は表現の自由を決定的に奪われていた。慰問のための集団「移動演劇隊」が国策として組織され、これが丸山らにとって芝居をする唯一の道だった。
「さくら隊」では、アメリカ生まれの日系二世で敵性外国人として監視を受けるホテルの女主人・淳子と、その従妹で共同経営者の正子が一員になったばかり。そこに宿泊客の言語学者・大島、淳子を監視する特高刑事の戸倉、劇団員に応募してきた玲子も加わっている。さらには富山の薬売りに扮して宿を訪れた天皇の密使・長谷川と、そのあとを追うように現れた林と名乗る傷痍軍人(実は針生)も、丸山らにあれこれと理由をつけられ、一緒に芝居をすることになる。
台本は『無法松の一生』。
それぞれの思惑が交錯する中、寄せ集め一座の稽古は抱腹絶倒の笑いを巻き起こしながら進んでゆく――。

『父と暮せば』(戦後命の三部作)に次ぐ
井上ひさしが描いたもう一つの「ヒロシマ」。

新たなキャストを得てこまつ座が10年ぶりに贈る、
笑いと歌声でつむぐ物語。


公演日程・チケット情報

頭痛肩こり樋口一葉

2016年6月4日(土)前売開始
いつの時代も変わらぬ"仕合わせ"を求めて
豪華女優陣で贈る
井上ひさし評伝劇のファンタジー


井上ひさし戯曲の中でも屈指の人気作『頭痛肩こり樋口一葉』。1984年こまつ座旗揚げ公演で初演、86年には芸術座で「東宝・こまつ座提携特別公演」としてロングラン公演が行われた。
その後も再演を重ね、2013年夏には栗山民也演出も、連日の満員御礼を飾った。
そして一葉没後120年の今年、日比谷に一葉が再び現れる。

今回初めて一葉役に挑むのは、12年日本アカデミー賞最優秀助演女優賞を受賞、数々の映画・舞台・ドラマで唯一無二の演技が人々の記憶に残る、永作博美。

そして13年に引き続き、芸能生活50周年を迎えた三田和代、今年紀伊國屋演劇賞個人賞、読売演劇大賞優秀女優賞を受賞した熊谷真実、華やかで誠実な演技に定評のある愛華みれ、健気な存在感が光る深谷美歩、大人の色気とコメディエンヌぶりを発揮する若村麻由美が出演。

盆の日は幽界(あのよ)と明界(このよ)がつながる日。
一葉19歳から死後2年までの盆の16日に焦点をあてた、
切ないのに楽しい、死から生けるものへの応援歌(エール)。


明治の天才女流作家・樋口一葉。24歳6ヶ月の若さで没するまで、「たけくらべ」「大つごもり」など22の短編と40数冊に及ぶ日記と四千首をこえる和歌の詠草を残した。
男性中心の時代に、貧しさに苦しみ、恋を捨て筆一本で身を立てようとした一葉と、たくましく生きる女性たち。笑いのうちに心が洗われ、勇気が湧き出る珠玉の名舞台。

東宝のサイトはこちら
公演日程・チケット情報
ページトップへ