こまつ座

  • こまつ座|トップページ
  • 公演情報
  • オンラインチケット
  • 短信
  • こまつ座ブログ
  • the座とグッズ
  • 井上ひさしとこまつ座
求人情報はこちら

〒111-0052
東京都台東区柳橋1-30-5-503
TEL:03-3862-5941

1-30-5-503 Yanagibashi
Taito-Ku Tokyo, 111-0052
JAPAN
TEL:03-3862-5941

Copyright (c) 2013
KOMATSUZA All Rights Reserved.

短信|NEWS

電話不通 復旧のお知らせ
こまつ座内で発生しておりました電話交換機故障に伴う電話の不通につきましては、
9月23日(金)16時50分に復旧いたしました。

ご利用のお客様には多大なご迷惑をおかけしましたこと、深くお詫び申し上げます。

----------

現在、こまつ座内の電話交換機故障による影響で、公演チラシ等に掲載しております
電話 03-3862-5941 が不通になっております。
お手数をおかけして申し訳ございませんが、
電 話:03-3851-6180(10:00‐18:00)
FAX:03-3865-9196
をご利用いただけますようお願い申し上げます。
ご迷惑をお掛けいたしますこと深くお詫び申し上げます。
◆辻萬長 出演情報◆
NHK土曜時代劇「忠臣蔵の恋〜四十八人目の忠臣〜」に出演が決定いたしました。

【放送予定】
2016年9月24日(土)スタート <連続20回>
総合テレビ 午後6時10分から6時44分

【原作】諸田玲子「四十八人目の忠臣」
【脚本】吉田紀子
【音楽】吉俣良
【出演】
武井咲 福士誠治 中尾明慶 今井翼 田中麗奈 佐藤隆太 石丸幹二 三田佳子
大東駿介 皆川猿時 新納慎也 陽月華 辻萬長 笹野高史 平田満 ほか
【演出】伊勢田雅也 清水一彦 黛りんたろう


新国立劇場2017年4月公演『城塞』(上村聡史演出)に出演が決定いたしました。

ブルジョアの特権意識や戦争責任を浮き彫りにする骨太な意欲作
かさなる視点―日本戯曲の力―vol.2『城塞』
作:安部公房
演出:上村聡史
出演:山西惇、椿真由美、松岡依都美、たかお鷹、辻萬長
劇場:新国立劇場 小劇場
期間:2017年4月
『私はだれでしょう』2017年3月上演決定!
こまつ座 第116回公演
『私はだれでしょう』
作:井上ひさし
演出:栗山民也
出演(五十音順):
朝海ひかる、枝元萌、大鷹明良、尾上寛之、平埜生成、八幡みゆき、吉田栄作・朴勝哲(ピアノ)
2017年3月 紀伊國屋サザンシアターTAKASHIMAYA
前売開始:2016年12月予定

初演から十年、井上ひさしのあの幻の新作。
新キャストで贈る初の再演。
敗戦まもない頃の東京。
ラジオ局を舞台に、歌あり笑いありミステリーありの大喜劇。
『木の上の軍隊』 9月3日前売開始
彼らはその島に残された、二人だけの軍隊だった。

ヒロシマ、オキナワ、ナガサキを描く井上ひさし「戦後命の三部作」第二弾。
実話から生まれたいのちの寓話が今、語りかける。

こまつ座 第115回公演
『木の上の軍隊』
原案 井上ひさし 
作 蓬莱竜太
演出 栗山民也
出演 山西惇 松下洸平 普天間かおり/有働皆美(ヴィオラ演奏)
2016年11月10日(木)〜27日(日)
新宿南口・紀伊國屋サザンシアター
入場料6,500円(全席指定・税込み)
夜チケット6,200円(全夜公演対象)
U-30 4,500円 ※観劇時30歳以下・枚数限定・こまつ座のみ取扱い
前売開始日 2016年9月3日(土)

【スペシャルトークショー】
★11月14日(月)2:00公演後 蓬莱竜太
★11月18日(金)2:00公演後 宮沢和史(音楽家)「沖縄への思い 〜島唄から24年〜」
★11月19日(土)6:30公演後 山西惇、松下洸平、普天間かおり
 ※アフタートークショーは、開催日以外の『木の上の軍隊』のチケットをお持ちの方でもご入場いただけます。
  ただし、満席になり次第、ご入場を締め切らせていただくことがございます。
 ※出演者は都合により変更の可能性がございます。
「the座」電子書籍版 配信開始
1984年(昭和59年)、従来の演劇雑誌や公演パンフレットの枠をこえて、
広くは人間と文化を考える雑誌として「the座」を創刊いたしました。
このたび小学館より、在庫切れとなっていた創刊号から順次、電子書籍版が配信されます。

2月19日配信
創刊号:頭痛肩こり樋口一葉
2号:ユートピア

3月18日配信
3号:日本人のへそ
4号:きらめく星座

4月15日配信
5号:國語元年
6号:イーハトーボの劇列車

5月20日配信予定
7号:泣き虫なまいき石川啄木
8号:花よりタンゴ

以降毎月第3金曜日、各回2冊ずつ配信されます。各号800円+税です。
詳しい購入方法は、各電子書店のサイトにてご確認ください。
『マンザナ、わが町』読売演劇大賞優秀作品賞受賞のご報告
昨年上演いたしました『マンザナ、わが町』が第23回読売演劇大賞優秀作品賞を受賞いたしました。
また、この作品の演出を手がけられた鵜山仁さんが、最優秀演出家賞を、
オトメ天津役の熊谷真実さんが、優秀女優賞を受賞されました。

熊谷真実さんは、『マンザナ、わが町』におけるオトメ天津役で第50回紀伊國屋演劇賞個人賞も受賞されました。
鵜山さん、熊谷さん、おめでとうございます!
改めまして、ご来場いただいた皆様、本当にありがとうございました。
グループ観劇について
こまつ座では、10名様以上の団体・グループ観劇を承っております。
前売りに先立ち、お席を確保いたします。
職場・組合での福利厚生行事、企業の販売促進活動、ご友人同士の集まり、
学校の芸術鑑賞会・修学旅行、等としてご好評をいただいております。
どうぞお気軽に【こまつ座チケット係 03-3862-5941 】へご相談ください。
井上麻矢著作本 刊行のお知らせ
こまつ座の井上麻矢の著作本が、2冊連続刊行されます。

◆『夜中の電話 父・井上ひさし最後の言葉』
井上麻矢・著
発行:集英社インターナショナル
定価:本体 1,200円+税
判型:四六判ソフトカバー/176ページ
刊行:11月26日(木)

井上ひさしが、こまつ座社長の三女・井上麻矢に託した最後のメッセージが本になりました。
がんで療養中、毎日のようにかかってきた「夜中の電話」。
そこで語られた人生と仕事に効く77の珠玉の言葉を、
著者の解釈と共にわかりやすく紹介しています。


◆『小説 母と暮せば』
山田洋次/井上麻矢・著
発行:集英社
定価:本体1,000円+税
判型:新書判ソフトカバー/160ページ
刊行:12月4日(金)

原爆を落とされ、壊滅的な被害を受けた長崎でひとり暮らす母と、
原爆で命を落とし、3年後に亡霊となって母の前に現れた息子の物語。
山田洋次監督、吉永小百合・二宮和也主演映画の小説版です。
ページトップへ

run-periodic-tasksスクリプトを実行中です...